今朝聞き取りしたのは、言わば、以前よりゲリラマーケティングのパートをしていない五人の中年男性!
駆けつけたのは、昼キャバで働くAさんこまつし出会い、貧乏学生のBさん、売れない芸術家のCさん、タレント事務所に所属するのを諦めたDさん、足立芸人になることを志すEさんの五人です。
筆者「まず先に、やり出すキッカケから教えていただくことにしましょう。Aさんは後ほどお話しください」
A(メンキャバキャスト)「僕は、こまつし出会い女性心理が理解できると思い始めるのはやめました」

足立 こまつし出会いについて押さえておくべき3つのこと

B(普通の大学生)「僕は、ボロ儲けできなくてもいいと考えて始めましたね」
C(音楽家)「うちは、ロックミュージシャンをやってるんですけど、長年やっているのに少ししか稼げないんですよ。ビッグネームになる為にはでっかいことでなくても着々と下積みしなきゃいけないんで、足立地味なバイトをやって、当分アンダーグラウンドな遍歴を重ねようと思って」
D(タレント事務所所属)「俺は、○○って芸能プロダクションに所属して音楽家を目指し励んでるんですが、一度のライブで500円だけしか頂けないんで…先輩の紹介でサクラのバイトをやっていたんです」
E(若手ピン芸人)「実を言うと、私もDさんと似た状況で、コントやって一回多くて数百円の快適な生活してるんです。先輩の紹介ではありませんが、ステマのアルバイトをすることを決心しました」

誰も知らない夜の足立 こまつし出会い

こともあろうに、こまつし出会いメンバー五名のうち三名が芸能事務所に所属しているという華やかなメンバーでした…、けれども話を聞き取っていくとどうやら、五人にはステマ特有の苦労があるようでした…。
質問者「もしかすると、芸能界に入るにあたって下積みをしている人ってサクラのアルバイトをしていることが多いんでしょうか?」
E(芸人の一人)「そうだと言いますね。サクラの役って、シフト比較的自由だし、私たしみたいな、急にお呼びがかかるような生活の人には丁度いいんですよ。予測不可の空き時間にできるしこまつし出会い、ちょっと変わった経験の一つになるし…」
C(某有名アーティスト)「なかなかできない経験になるよね、足立女性のキャラクターとして接するのは大変でもあるけど自分たちは男性だから、自分の立場から言われたいことを向こうに送ればいい訳だし、男の気持ちがわかるわけだから足立、相手もたやすく引っかかるんですよね」
A(メンキャバ勤めの男)「逆を言うと足立、女の子のサクラは男性の心理がわかってないから正直言って下手っすよね」
ライター「女のサクラより、男性のサクラが優れているのですか?」
D(とある芸能事務所在籍)「えぇこまつし出会い、そうです。成績が上なのは大体男性です。とはいえ足立、僕なんかは女の役を作るのが下手っぴなんで、いっつも叱られてます…」
E(芸人さん)「もともと、足立正直者がバカをみるワールドですね…。女性になりきるのが結構大変で…俺も骨を折っているんです」
ライター「女性になりきって演じるのも、思った以上に大変なんですね…」
女の子の人格のどのようにしてだましとおすかのトークで盛り上がる彼女ら。
そんな話の中で、あるコメントを皮切りに、自称アーティストだというCさんに視線が集まったのです。

足立 こまつし出会い